世界の優れた叡智を日本の投資家に! 海外の良書を中心に紹介する投資専門WEB書店

カートを見る

規律とトレンドフォロー売買法―上げ相場でも下げ相場でも利益を出す方法

¥2,800(税抜)

規律とトレンドフォロー売買法
―上げ相場でも下げ相場でも利益を出す方法

評価
*
*
*
*
*
出版社 パンローリング
単行本 606ページ
発売日 2010/9/10
ISBN 978-4775971376
通常配送無料 価格¥2,800(税抜)

内容紹介Introductions

必ず報われるシステマティックの強さ!
実践家による実践書!ありとあらゆるものを機械的にトレードする!

トレンドフォローは30年以上にわたって上げ相場でも下げ相場でも並外れた利益を出してきたトレーディング戦略だ。2008年に株式市場が崩壊すると、バイ・アンド・ホールドで身動きがとれなくなった投資家たちは大金を失った。

しかし、トレンドフォロワーたちは2008年10月の1カ月だけで巨額の収益を上げ、最大40%という途方もない利益を出した!証拠は本書のなかにある ── 自分の目で確認できる最新データに加えて、時代を超えたこの戦略をあなたの運用資産で使うためのあらゆる情報を提供している。

トレンドフォローに精通したマイケル・コベルはこの全面改訂版で、何十年もこの戦略を使っているトレーダーやファンドマネジャーだけでなく、新しいトレーダーも紹介している。例えばデビッド・ハーディングはロンドンを本拠地にトレンドフォローの手法で100億ドル以上を運用している。

人物紹介のあとはトレンドフォローをあなた自身が使うための考え方やテクニックをすべて手ほどきする。一度にひとつずつ単純なチャートを使いながら、どの市場でも一貫して利益を得られるように価格の動きを理解する方法が学べる。今日では、これまでにも増してトレンドフォローの手法を必要とする。本書を読んで自分のために役立てていただきたい!

本書への賛辞Praise

「この本はトレンドフォロー版『マーケットの魔術師』だ」
── バン・K・タープ博士(『新版 魔術師たちの心理学』の著者)

「マイケル・コベルの本は必読書だ」
── エド・スィコータ(『マーケットの魔術師』に登場した伝説的トレンドフォロワー)

「昔から、安く買って高く売れと言われている。しかし、あなたの好きな銘柄が ── 株であれ債券であれ商品先物であれ ── 今、最高値か最安値だったらどうする?この世界で実際に利益を出している人々からまったく別の展望を得るために、なかをのぞいてみよう。コベルはトレンドフォローがどのように機能するのか、どうやって使うのか、だれが使えるのかについて、ちょうど良い時機に楽しめる本を書いている。万人向きではないが、あなたには向いているかもしれない」
── チャールズ・フォルクナー(『新マーケットの魔術師』に登場したNLP開発者兼トレーディングコーチ)

「コベルはトレードの真の秘密を明らかにする ── 秘密なんてないということを。彼の主張にはこの業界中の専門家の知恵がたくさん入っている」
── ジョン・F・エーラーズ(『ロケット工学投資法』の著者兼MESAソフトウエア社長)

「マイケル・コベルは優れた仕事をした。検証済みの優れたヘッジファンド戦略で、読者の使える知られざる好機を教えている。この本は賢い投資家にとって貴重だ」
── クリスチャン・バハ(スーパーファンドのオーナー)

「本書は、投資家、トレーダー、マネジャーであるかにかかわらず、システマティックなトレンドフォロー戦略に興味のある人にとっての必読書だ。本書は包括的に書かれているだけでなく、読みやすい。こういったタイプのシステムを開発したことのある私がはっきり言えることは、クレノーは本書を机上の空論を繰り広げる理論家としてではなく、知識の豊富な実践家として書いているということだ。この種の本はほとんどは最適化、つまり都合の良い実例を重んじるが、彼の良いところは現実的な難しさと欠点を繰り返し述べ、最適化を使うことを否定している点だ。一言で言うならば、本書はこのテーマを現実的にとらえた本と言えるだろう。第7章は非常に画期的で、大手トレンドフォローファンドのいくつかを、彼の単純で最適化していないルールとさまざまなポートフォリオ構成とボラティリティ水準を使って複製してみせている」
── ジャック・シュワッガー(『マーケットの魔術師』シリーズ、『シュワッガーのテクニカル分析』『シュワッガーのマーケット教室』[すべてパンローリング]の著者)

「アンドレアス・クレノーの書いた本書はたぐいまれな書だ。普段はCTAのヘッジファ ンドマネジャーがどのようにトレードしているのかなど書かれることはあまりないが、本書はその実態を克明に描いている。自らの主張を徹底したリサーチで裏づけ、トレンドフォローによる先物トレードの真の価値と大手ヘッジファンドを複製する方法を伝授する本書は、核心を突いた見事な書と言えよう。真剣に取り組もうとするトレーダーにとって蔵書に加えるべき1冊となることは間違いない」
── カール・ユーレンラム(アビリティー・アセット・マネジメントのCEO、『Trading with Crown Psychology』の著者)

「システマティックなマネジャーとはどういうものなのか。本書を読んでそれがはっきりと分かった。本書は自分でシステマティックなファンドを作りたいという野心のある人にとっての必読書と言えよう。システマティックな戦略に投資しようと考えている人、あるいはそれを理解したい人にお勧めの1冊だ」
── サンジブ・クーマー(ポートLP社社長)

「本書はトレンドフォローについてこれまで書かれなかった重要な側面に光を当てた書籍だ。投資家だけでなく、マネージドフューチャーズマネジャーにとっても興味をそそられるに違いない」
── ニゴール・コーラジアン(クエスト・パートナーズLLCの創始者)

「市場取引にかかわっているすべての人に読んでもらいたい本だ。モデルがなぜ成功したり失敗したりするのかを思慮深く分析した本書は、先物トレードに興味のある人にとって大いに役立つはずだ。市場を打ち負かしたい投資家にとって数少ない知的な分析書の1冊になるだろう」
── ロバート・サベージ(Track.comのCEO)

「トレンドフォローは価格が一定のトレンドに沿って動く市場環境の下で機能する戦略で、マネージドフューチャーズファンドが用いる最大の戦略だ。クレノーは複雑なテーマを深い洞察力で読み解いている」
── マーク・H・メリン (『High-Performance Managed Futures』の著者、「オパレスク・フューチャーズ・インテリジェンス」の編集長)

「トレンドフォローの実態とそのノウハウが見事に描き出されている」
── キャスリン・M・カミンスキー博士(アルファKキャピタルのCIO兼創始者)

目次Index

日本語版への序文
監修者まえがき
序文
まえがき
感謝の言葉
著者について

パート1

第1章 トレンドフォロー
市場
勝つか負けるか
投資家かトレーダーか
ファンダメンタルかテクニカルか
裁量的か機械的か
明らかなこと
変化
運用法 ── 価格
トレンドについていく
損失
結論

第2章 優れたトレンドフォロワーたち
デビッド・ハーディング
ビル・ダン
ジョン・W・ヘンリー
エド・スィコータ
キース・キャンベル
ジェリー・パーカー
セイラム・エイブラハム
リチャード・デニス
リチャード・ドンチャン
ジェシー・リバモアとディクソン・ワッツ

パート2

第3章 運用成績
絶対リターン
ボラティリティの恐怖 ── リスクと混同
ドローダウン
相関関係
市場のゼロサム的性質
ジョージ・ソロスとゼロサム

第4章 大事件、暴落、パニック
大事件1 ── 2008年株式市場のバブルとその崩壊
日次データで収益率を比べる
大事件2 ── 2000年~2002年の株式市場のバブル
大事件3 ── LTCMの破たん
大事件4 ── アジア通貨危機
大事件5 ── ベアリングス銀行の破たん
大事件6 ── メタルゲゼルシャフト社の巨額損失
最終的な考え
いつも「新しい」今度の嵐

第5章 野球 ── バッターボックスの外で考える
ホームラン
マネーボールとビリー・ビーン
ジョン・W・ヘンリー、試合に参加する
レッドソックスの2003年~2007年

パート3

第6章 人の行動
プロスペクト理論
こころの知能指数 ── ダニエル・ゴールマン
チャールズ・フォルクナー
エド・スィコータのトレーディング・トライブ
ものをいうのは学歴ではなく好奇心
勝ち続けようという態度

第7章 意思決定
オッカムのかみそり
素早く無駄のない意思決定
革新者のジレンマ
過程か結果か

第8章 トレーディングの科学
批判的思考法
カオス理論 ── 線形か非線形か
複利運用

第9章 聖杯
バイ・アンド・ホールド戦略
ウォーレン・バフェット
敗者は負け組をナンピンする
暴落とパニック
当てにならない分析
最終的な考え

パート4

第10章 トレーディングシステム
リスクとリターンと不確実性
トレーディングシステムを作るための5つの質問
あなたのトレーディングシステム
よくある質問

第11章 ゲーム
受け入れるには時間がいる
他人のせいにする
ゲームを理解する
レバレッジを下げればリターンも下がる
幸運は勇気ある人に味方する

終わりに
著書が認められて
非効率的な市場
トレンドフォローの批判者たち
ギーテシュ・バードワの批判
最終的な考え

チャールズ・フォルクナーによる初版への序文

付録

この付録について

付録A 株のトレンドフォロー
トレンドフォローは株でもうまくいくか
空売り
税金はどうなる
資本主義における分布 ── 個別普通株のリターン(1983年~2006年)
チャート

付録B 運用成績ガイド
トレンドフォローの過去の運用成績データ
エイブラハム・トレーディング・カンパニー
キャンベル・アンド・カンパニー ── 金融・貴金属およびエネルギー ── 大型
チェサピーク・キャピタル・コーポレーション ── 分散型
クラーク・キャピタル・マネジメント ── ミレニアムコース
ドルーリ・キャピタル ── 分散型トレンドフォロー
ダン・キャピタル・マネジメント ── 世界金融資産
エックハート・トレーディング・カンパニー ── 標準コース
ジョン・W・ヘンリー・アンド・カンパニー ── 金融・貴金属
ミルバーン・リッジフィールド・コーポレーション ── 分散型
ラバール・マーケット・リサーチ ── 分散型
サンライズ・キャピタル・パートナーズ ── 拡大分散型
スーパーファンド
トランストレンドB.V. ── 分散型トレンド ── 高リスク(米ドル)
ウィントン・キャピタル・マネジメント ── 分散型ウィントン先物ファンド
リスクに関する注意事項

付録C 短期トレーディング

付録D 成功したトレーダーの性格的な特徴

付録E トレンドフォローのモデル

付録F トレーディングシステムの一例(メカニカ社提供)
システムの参考情報
システムの詳細
カナダドルのトレード
システムの運用成績
要約

付録G トレーディングシステムの構築に欠かせない質問

関連ホームページ

注釈
参考文献

著者についてAuthor

マイケル・W・コベル(Michael W. Covel)

マイケル・W・コベル(Michael W. Covel)

世界的に有名なウェブサイト「タートルトレーダー・ドットコム(TurtleTrader.com)」の創設者。徹底した調査を行い、掘り下げた分析を行い、カーテンの裏側に回ってシステムが悟られたくない心理状態を暴く達人として知られる。簡単で再現性のあるルールを使って利益を上げる方法を、初心者だけでなくベテラントレーダーにも教授する。トレンドフォローと呼ばれる直観に反した賛否両論のトレード戦略を世に広めたことで有名。彼の考え方は世界的な絶賛を浴び、チャイナ・アセット・マネジメント、マネージド・ファンズ・アソシエーション、マーケット・テクニシャンズ・アソシエーションなどをはじめ、ヘッジファンドや投資信託といった数多くの団体から講演依頼を受けている。

また、ダニエル・カーネマンやハリー・マーコウィッツなど5人のノーベル経済学賞受賞者に彼のトレンドフォローポッドキャスト上でインタビューしている。氏がコンサルティングをしている顧客は70カ国以上の個人トレーダー、ヘッジファンド、政府系ファンド、機関投資家と多岐にわたる。第一作目の著書である本書は10ヵ国語に翻訳され、世界的ベストセラーとなった。二作目となる著書は、伝説のトレーダー、リチャード・デニスとその教え子「タートル」たちの軌跡を綴ったタートル・ストーリーの決定版と評される『伝説のトレーダー集団 タートルズの全貌』。他に、ドキュメンタリー・フィルム『クラッシュ──賢明な投資家と愚かな羊たち』、著書『Trend Commandments』(FPOよりリリース予定)などがある。現在、アメリカとアジアを行き来する生活を送っている。

ページトップへ