世界の優れた叡智を日本の投資家に! 海外の良書を中心に紹介する投資本専門WEB書店

カートを見る

ザ・トレーディング ワークブック

¥1,800 (税込¥1,980)

ザ・トレーディング ワークブック

評価
*
*
*
*
*
出版社 FPO
単行本
(ソフトカバー)
191ページ
発売日 2019/3/1
ISBN 978-4909074010
通常配送無料 価格¥1,800 (税込¥1,980)

内容紹介Introductions

■全世界で500万部超の大ベストセラー!17カ国語に翻訳された名著『ザ・トレーディング』を完全マスターするための手引き書

■「トレーディングで成功するための4つのM」の理解度を167の設問でチェック!

■トレーディングにおける様々なシグナルとパターンを認識する能力をテストするための17のチャート設問もあり


大切な資金をリスクにさらすことなくトレーディング知識とスキルをテストしてみる!

最高のトレードの指南書『ザ・トレーディング』を読んでも、そこから得られた知識が記憶から消え失せてしまっているようでは意味がありません。大切な資金をリスクにさらす前に自身の理解度を確認してみるべきです。そこで必要となるのが、この『ザ・トレーディング ワークブック』です。

本書によりトレーディングにおける基本的なルールとスキルが確実に身についたかを確認することができます。これは、世界中のトレーダーにバイブルとしてベストセラーであり続けてきた「現代の古典」の全面改訂版、『ザ・トレーディング』と同じ著者であるアレキサンダー・エルダー博士によって執筆されたものです。つまり、本書以上に『ザ・トレーディング』の要点を理解するサポートとなりえるものはありません。

本書に掲載されている多項選択式の167の設問はテーマに沿って11章で構成されており、各章ごとに採点欄が設けられています。個人と集団にまつわる心理学、トレードの意思決定、テクニカル分析の理解度、リスク管理および系統的に判断するための記録管理に至るまでトレーディングに関するあらゆるトピックがカバーされています。

解答・解説の章は手引き書のような役割を果たし、それぞれの設問は主本の『ザ・トレーディング』における特定の章に紐づけられています。正解と不正解の指摘にとどまらず、その理由に関する詳しい解説があるため、理論的に正答を導き出すスキルを向上させることができます。

さらに、トレーディングにおける様々なシグナルとパターンを認識する能力をテストするための17のチャート設問もあり、視覚的にも理解度を高める工夫が随所に盛り込まれているなど、本書の内容のすべてが、高成績を実現するトレーダーの養成を意図して設計されています。

『ザ・トレーディング ワークブック』および『ザ・トレーディング』の2冊は連動して独自の教育的ツールとなるように設計されているため、パッケージとしてセットで購入することをお勧めします。ここで得られる学びはトレーディングで成功し続けたいすべてのトレーダーにとって安定的な収益をもたらす貴重なものとなりえます。

こういう人は買わないでください!!

もし、あなたがトレーディングについて勉強することを目的に主本『ザ・トレーディング』を手にしたのなら、理解度を確認するための本書は役に立たないでしょう。読んでいてワクワクする内容でもないので、買わない方が賢明です。なかには主本と比べるとページ数(191ページ)も少なく、ソフトカバーなのに高いという印象を受ける人がいるかもしれません。

しかし! もし、あなたの目的がトレーディングで利益を上げることであるならば、『ワークブック』であなたが得られる価値は、商品価格(1,800円+税)どころではないはずです。単に紙媒体として書籍の価値を捉えるのではなく、トレーディングをしていくなかであなたが晒されるリスク、トレーダーとしての力量を高めていく視点で、その将来価値を考えてみてください。

もちろん、主本『ザ・トレーディング』が内容不十分な未完成品ということではありません。むしろトレーディングで勝ち抜くために必要なすべてが網羅されているといっても過言ではありません。それゆえに『ワークブック』は不要で、主本を繰り返し読んだ方が有意義という見方があるのもわかります。

ただ、同じ学校で同じ授業を受けていても成績にばらつきがあるように、優れた良書を読んだからといって全員が同じような成果を上げられるわけではありません。お金持ちになる方法という類の書籍がどれだけ世の中に出回ろうが、読者の数だけお金持ちが増えることはありませんよね。

賢明なトレーダーになるために努力を惜しんではいけません!主本『ザ・トレーディング』で学び得た知識や技術を確固たあるものに。

どれだけ素晴らしい教えに触れたとしても、「知っている」と「理解している」では、質が大きく異なるということです。不明瞭な知識、曖昧な技術が一貫性のあるトレーディングの妨げになることは、これまで多くのトレーダーが身をもって体験してきたことです。

つまり、正しく行動に移せるレベルにまで、真に理解できなければ意味がないのです。本書は主本『ザ・トレーディング』で学び得た知識や技術をあなたのトレーディングの中で確固たるものにしてくれます。

しっかりと組み上げた礎の上から、さらにボルトを打ち込んでどんな揺らぎにもビクともしないスタンスを作り上げるのが本書の最大の目的です。『賢明なトレーダーになるために努力を惜しんではいけません!』。表紙の帯に記したメッセージがひとりでも多くのトレーダーに届くことを願っています。

著者からのメッセージMessage

▼著者エルダー博士より『ザ・トレーディング ワークブック』について

目次Index

まえがき

第1部 設問・採点欄
イントロダクション
第1章 個人の心理
第2章 集団の心理
第3章 古典的チャート分析
第4章 コンピューターを使ったテクニカル分析
第5章 出来高と時間
第6章 マーケット全般の指標
第7章 トレーディングシステム
第8章 トレーディング対象商品
第9章 リスク管理
第10章 実践的なトレーディングの詳細
第11章 トレードの適正な記録管理

第2部 解答・解説
イントロダクション
第1章 個人の心理
第2章 集団の心理
第3章 古典的チャート分析
第4章 コンピューターを使ったテクニカル分析
第5章 出来高と時間
第6章 マーケット全般の指標
第7章 トレーディングシステム
第8章 トレーディング対象商品
第9章 リスク管理
第10章 実践的なトレーディングの詳細
第11章 トレードの適正な記録管理

あとがき
参考文献
著書について

著者についてAuthor

アレキサンダー・エルダー(Alexander Elder)

アレキサンダー・エルダー(Alexander Elder)

精神分析医、プロトレーダー、トレーディングの指導者。レニングラードに生まれ、エストニアで育つ。16歳の若さで医学部に入学し、船医として働いていた23歳のときにアフリカに寄港していたソビエトの船舶から脱出、米国へ政治亡命した。その後、ニューヨークで精神分析医として働き、コロンビア大学で教鞭を執る。精神分析医としての経験から得たトレーディングの心理に対するユニークな洞察は高く評価されている。

現在もアクティブにトレードする一方、トレーディングの指導者としての活動も続け、米国を初めとした各国でのトレーダー向けセミナーは好評を博している。また、1週間にわたる集中講義、トレーダーズ・キャンプを世界各地で定期的に開催。トレーダーのコミュニティーサイト、SpikeTradeグループの創設者でもある。著書に『ザ・トレーディング』『ザ・トレーディング ワークブック』『投資苑』『利食いと損切りのテクニック』などがあり、投資書籍の金字塔として世界中のトレーダーたちから支持されている。

[訳者] 福井 強(ふくい つよし)

世界銀行投資管理局グローバル債券デスク・ヘッド(フランス・パリ在住)。G7債券ポートフォリオ・マネージャーとして金利およびクレジット・ポートフォリオ戦略の立案、実施に従事する。1984年慶応義塾大学経済学部卒業。1990年コロンビア大学ビジネススクールにてMBAを取得。明治安田生命(旧明治生命)、JICA(旧OECF)を経て、1993年より世界銀行勤務。米国証券アナリスト(CFA)。アレキサンダー・エルダー博士とは20年に及ぶ親交があり、博士は絶大な信頼を寄せている。訳書に『ザ・トレーディング』(アレキサンダー・エルダー著/FPO)とその旧版にあたる『投資苑』(アレキサンダー・エルダー著/パンローリング)がある。

ページトップへ