世界の優れた叡智を日本の投資家に! 海外の良書を中心に紹介する投資専門WEB書店

カートを見る

アペル流テクニカル売買のコツ―MACD開発者が明かす勝利の方程式

¥5,800(税抜)

アペル流テクニカル売買のコツ―MACD開発者が明かす勝利の方程式

評価
*
*
*
*
*
出版社 パンローリング
単行本 347ページ
発売日 2006/5/12
ISBN 978-4775970690
通常配送無料 価格¥5,800(税抜)

内容紹介Introductions

システム売買に役立つ「パワーツール」をMACD開発者である現役マネジャーが伝授!

実際に5億5000万ドル超を運用する世界的権威が週10分間の作業で得られる必勝テクニックを手ほどき!相場転換の直前に「ひそかに現れる手がかり」を発見する方法!

「現実との衝突を少しでも避けたいと考える初心者にも、大いに役立つ。本書がもっと早く出版されていればと残念に思うほどだ」 ── アレキサンダー・エルダー博士 (プロトレーダー、トレーディングの指導者。『ザ・トレーディング』の著者)

テクニカル分析に革命をもたらした最新かつ高度な画期的テクニックも網羅!

テクニカル分析の世界的な権威であり、マックディーの開発者であるジェラルド・アペル氏がサイクルやトレンド、モメンタム、出来高シグナルなどを用いて将来の相場動向を予測する手法を明らかにした。本書は、既存の多くのテクニカル分析本とは異なり、ステップ・バイ・ステップの構成によって、初心者からプロの投資家まで今日の高いボラティリティのマーケットで大きな成功を収めることが可能になっている!

アペル氏は広範な戦略やタイミングモデルを詳細に分かりやすく解説する。また多くの独自の高度なテクニカル分析も本書で初めて公開している。短期、中期、長期投資家向けにテクニカル分析ソリューションも提示、それはミューチュアルファンドを対象とする投資家にも有効である。テクニカル分析に革命を起こし、人気の高いオシレーターであるMACDに基づく戦略やモデルの紹介は、アペル氏自身が開発したこともあって、その洞察は深く、示唆に富み、他の追随を許さない冴えわたったものになっている。読者がリアルトレードですぐにでも利益を上げようと思っているならば、本書は必携の書であろう。

本書への賛辞Praise

「29年前、アペルと私は株式市場の本を共同で刊行した。アペルは今もその道で精力的に仕事をしており、再び株で大儲けができる本をこの世に出した。私はアペルのマーケットレターを1970年代初めから読んでいるが、彼はリスクを最小限に抑えながら、素晴らしい仕事を成し遂げている。それは彼の“実際の”投資成績からも明らかだ。的確なリスク調整で、かなりの利益を上げている。本気で書かれたこの本を強くお勧めする」(マーティン・ツバイク、『ツバイク ウォール街を行く』の著者、マネーマネジャー)

目次Index

日本語版への序文
はしがき
謝辞
著者について

はじめに

第1章 余分な飾りのない投資戦略
パート1 ── 適切な投資対象の選択
リスク ── ボラティリティの大きい株式ミューチュアル・ポートフォリオとボラティリティの小さい株式ミューチュアル・ポートフォリオの報酬比較
ドローダウン ── 最大リスクの大きさ
最終結果 ── ボラティリティの低いほうが利益率は高い
レース中に賭け馬の変更
レラティブストレングス投資
リスクの拡大 ── よりアグレッシブなミューチュアルファンドのポートフォリオ維持
資金の上乗せ ── ボラティリティがより大きいミューチュアルファンドへのレラティブストレングス選択のコンセプトを適用した効果
レラティブストレングス投資に関する簡単なおさらい
本章の要約

第2章 お手軽で迅速な2つの株式市場ムード指標
ハイリスク・ローリスクの投資環境を認識する
ナスダックとニューヨーク証券取引所株価指数のレラティブストレングス指標
中期の金融フィルターを用いて市場のムードを測定する
金融モデル
2つの指標を組み合わせる
本章の要約

第3章 移動平均線と変化率 ── トレンドとモメンタムの追跡
移動平均線の目的
移動平均線 ── その神話と誤解
移動平均で市場のサイクルの四段階を見極める
変化率 ── 株式市場のモメンタム測定およびその分析法
トリプルモメンタム・ナスダック指数売買モデル
変化率パターンと株式市場サイクルでの4つの段階

第4章 美しい図形以上のもの ── パワーツールのチャートパターン
シナジーというコンセプト
パワフルチャートフォーメーション
ウエッジ ── 株の買い時期と株の売り時期
チャートパターンのシナジー
ヘッド・アンド・ショルダーズ
支持線と抵抗線
トレンドラインの特徴
支持線と抵抗線によるチャネル
ダマシの上放れと下放れ ── 主要な相場パターン

第5章 政治、季節、時間のサイクル ── 市場の波動に乗る
株式市場のカレンダーベースのサイクル
時間サイクル ── 4日から4年
市場サイクルのセグメント
市場サイクルの長さ
確認指標はどのように株価推移の理由づけを行うのか
18カ月市場サイクルと変化率による確認
Tフォーメーション ── 究極のサイクルパワーツールか?
Tフォーメーションの形成
まとめ

第6章 大底拾い、天井確認、トレンドフォロー ── モメンタムオシレーターと市場の幅の指標を組み合わせたパワーツールで売買のタイミングを改善
これまでに学んだことの簡単な復習
「外部的」ではなく「内部的」な株式市場
市場の幅の計測
NYSEの騰落ライン
騰落ラインの21日間の変化率
強気市場の高値局面での市場の幅のパターン
若干より敏感な騰落ラインの変化率の指標を使用する
週間のインパルス(衝撃)継続シグナル
週間インパルス(衝撃)シグナル
日次ベースの市場の幅のインパルスシグナル

第7章 出来高の極限、ボラティリティ、ボラティリティ指数(VIX) ── クライマックスの水準や、相場の底値での買いのチャンスを認識する
天井 ── 嵐の前の静けさ、大底 ── 静けさの前の嵐
TRIN ── 多目的型の市場ムード指標
ボラティリティ指数(VIX)と重要な株価の買いゾーン
メジャーリバーサル・ボラティリティモデル

第8章 高度なMACD ── 究極の市場タイミング指標なのか?
解説の範囲
MACDの基本組成
ダイバージェンスを利用して、最も信頼できるシグナルを認識する
売買のために異なるMACDの組み合わせを使用してMACDシグナルを改善する
相乗効果 ── ほかのテクニカルツールでMACDを確認する
長年にわたるMACD ── 長期、短期、イントラデイ
株価急落後の主要安値ポイントを確認するMACDの驚くべき威力
MACDと4つのステージのマーケットサイクル
MACD指標に関連したルールと手続きの復習
日々の市場の幅のスラストモデルを中期的な買い参入に変換する

第9章 移動平均トレーディングチャネル ── 前日の値動きから明日の転換を予測する
移動平均トレーディングチャネルの基本要素
機能している移動平均トレーディングチャネル
移動平均トレーディングチャネル内での局面展開
移動平均チャネルとメジャートレンド
価格と移動平均の差のオシレーター構築方法
移動平均トレーディングチャネル取引に関する主な原則のまとめ

第10章 すべてを統合する ── あなたの取引戦略を構築
第一ステップ ── 株式市場のメジャートレンドと主要期間サイクルを判断しよう
第二ステップ ── 市場のセグメント指標と季節サイクルを確認しよう
第三ステップ ── 現行の中期トレンドの方向と強さを確認し、次の中期的な基調転換が起きる時期と価格水準を予測してみよう
第四ステップ ── あなたの中期的分析を、短期の日単位 ── もしくは時間単位 ── の市場データに基づく分析で微調整しよう
私が40年間のトレーダー人生で学んだ教訓について
お薦めの文献と情報源

著者についてAuthor

ジェラルド・アペル(Gerald Appel)

ジェラルド・アペル(Gerald Appel)

1973年以来、優れたテクニカル分析の定期出版物「システム・アンド・フォーキャスト」を発行する。テクニカル分析やマーケットタイミングの研究では伝説的な人物であり、その成果にはこの分野で最も多用されている分析ツールのひとつであるMACDの発明も含まれる。アペル氏の経営するシグナラート・コーポレーションとその関連企業は現在、5億5000万ドル以上の民間資金を運用している。世界的に高い評価を得ているテープ、セミナー、ワークブックを通じて、多くのトレーダーを育成してきた。

ページトップへ